おすすめ!映画 超傑作選【シリーズ編】

シリーズもの映画傑作選

年末や週末に一気に観たい、シリーズものの傑作映画をご紹介します。
比較的有名なものが多くなりましたが、公開順がばらばらだったり、
昔の映画のため手を出すことを躊躇ってしまっていた方にも、
ぜひこの機会に一気見してもらいたい作品ばかりです。

完結しているものもありますが、まだまだ続く人気のシリーズなどは、
人気の拡大と共にどんどんスケールアップしているので、
最新作を劇場で鑑賞するためにも制覇してしまいましょう!

アベンジャーズシリーズ

言わずと知れたアクション超大作

アベンジャーズはアメリカの2大マンガ出版社のひとつであるマーベル・コミックのクロスオーバー作品です。
アイアンマン、キャプテンアメリカ、マイティソー、スパイダーマン、ドクターストレンジなど、主役級のヒーローが総出演します。同じ世界線で描かれるマーベル作品だからこそ実現できた夢の競演で、演じる俳優陣も若手からベテランまで名優ぞろいです。

桁違いの製作費をかけ、最先端のCG技術を用いて作りこまれたアクションシーンは見ごたえ抜群です。大人から子供まで幅広い年代の方が楽しめる作品となっています。

こんな方におすすめ!
  • 家族で見たい
  • 迫力ある戦闘シーンが見たい
  • 時間をかけてじっくり見たい

アイアンマンシリーズ

アベンジャーズ屈指の人気キャラクター

先に紹介したアベンジャーズに登場するキャラクターの中でも屈指の人気を誇る「アイアンマン」が主役の作品です。超人たちが集うアベンジャーズの中でも、特別な能力を持たないアイアンマンですが、メカニックとしての類まれなる技術一つで渡り合っていく姿が人気の要因となっています。
また、普段は大富豪でプレイボーイ、やりたいことをやっている自由人が奥さんには頭が上がらないといったキャラクター性も愛される要因の一つだと思います。

こんな方におすすめ!
  • 近未来的雰囲気の映画が好き
  • SF作品が見たい
  • 爽快なアクションシーンが見たい

ワイルド・スピードシリーズ

カーアクション映画の代表作

これまでにシリーズ通算9作品が公開されている「ワイルド・スピード」。本作はカースタントを中心に様々な組織との抗争を描いたアクション作品です。最近では車だけでなく、飛行機や砕氷船などを使ったアクションシーンもあり、人気と共にスケールも拡大し続けています。
ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムら肉体派俳優陣によるバトルシーンも非常に見ごたえのある作品となっています!

家族の絆がテーマのひとつにもなっているので、一家全員が揃ったときに鑑賞するのもおすすめです。

こんな方におすすめ!
  • ド派手なカースタントが見たい
  • 熱い男たちのバトルシーンが見たい
  • 華麗なチームプレーを決めてほしい

スターウォーズシリーズ

SF映画の金字塔

「スターウォーズ」シリーズは1977年にスタートし、これまでに全11作品が公開されています。
第一作目が公開されてから40年以上経った今でも、斬新な世界観とストーリーは色褪せることのない不朽の名作です。
初期の3部作はかなり古い映画になるため、手を出すのを躊躇ってしまう気持ちはわかります。
しかし、本作はSF映画のすべてが詰まっているといっても過言ではないくらい、魅力的な作品なので、観ずにいるのはもったいないと思います。最近ではHD版などもレンタルできるようになっていますので、是非とも腰を据えて、鑑賞してみてはいかがでしょうか。

上の画像では公開順に並べていますので、最新作「スカイウォーカーの夜明け」まで一気に駆け抜けていきましょう!

こんな方におすすめ!
  • 観たいと思っていたけど、どれから見始めればいいかわからない
  • SFが好き
  • アクションだけじゃなくてストーリー性も重視したい

ミッションインポッシブルシリーズ

大人気スパイ映画

有名なスパイ映画といえば「007」がありますが、本作品はシリーズすべてトム・クルーズが主演を務めています。(「007」は主役のキャストが変わりました)
トム・クルーズは失読症という学習障害を抱えていますが、そんなことは微塵も感じさせない演技力と迫力あるスタントがこの映画の魅力の一つです。スタントは代役を使わずにトム・クルーズ自身が行っているこだわりっぷりです。


2022年には還暦を迎えるトム・クルーズですが、2021年11月にシリーズ7作目が公開予定で、続く2022年にも8作目が公開予定です。
シリーズを追うごとにアクションシーンも派手になってきた本作品はどういった結末を迎えるのか。
今後も要注目です!

こんな方におすすめ!
  • スパイ映画が好き
  • 近未来的な技術を使って諜報活動をする映画が好き
  • トム・クルーズの行く末を見届けたい

ハリーポッターシリーズ

世界一有名なファンタジー小説

「ハリーポッター」シリーズはイギリスの作家J・K・ローリングさんの初作として1997年に刊行されました。今では全世界の累計発行部数がで5億を超え、「史上もっとも売れたシリーズ作品」となっています。
映画シリーズは第1作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」が2001年に公開され、2011年にシリーズ第8作目の「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の公開をもって完結しています。
シリーズものの映画としても「マーベル・シネマティック・ユニバース」「スターウォーズ」に次ぐ、世界歴代3位の興行収入を記録しており、小説から映像化して最も成功した作品といってもいいのではないでしょうか。
キャストの成長とともに10年間かけて歩んできた作品となっており、キャラクターのイメージが定着している一面もあります。

大人になってから見返すとまた違った感想を抱くこともあるので、ぜひこの機会に一気見してみてはいかがでしょうか。

こんな方におすすめ!
  • 子供のころに映画館で見た20代の大人たち
  • 金曜ロードショーのタイミングが合わなくて見れていない人
  • 一気見するきっかけが欲しい人

ファンタスティックビーストシリーズ

ハリーポッターの続編!同じ世界線で描かれる人気シリーズ

「ハリーポッター」と同じ世界で、魔法生物に焦点を当てた本作。
ファンタジーな世界観にぴったりの可愛らしい動物たちが数多く登場するので、動物好きの方はもちろん、子供とも一緒に楽しめる作品になっています。

3作目も絶賛製作中で、今後とも期待をせずにはいられないシリーズです。

こんな方におすすめ!
  • 動物が好き
  • ハリーポッターシリーズが好き
  • ファンタジー作品が好き

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ

海賊といえばこれ

本作の魅力は何と言ってもジョニー・デップ演じる海賊ジャックスパロウのキャラクターです。
その高い演技力により、破天荒でお茶目な海賊のイメージを見事に築き上げました。
主人公があまりにも有名な本作ですが、脇を固める俳優陣も豪華です。
オーランド・ブルームをはじめ、キーラ・ナイトレイ、ペネロペ・クルスなど一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。ちなみにオーランド・ブルームの奥さんは日本でも有名なモデルのミランダ・カーです。
ディズニー作品でもあるので、ディズニープラスからまとめて視聴することができます。

こんな方におすすめ!
  • 海に生きる男たちのロマンを感じたい
  • 中世ヨーロッパの世界観が好き
  • 美男美女が勢ぞろいの映画が見たい

トランスフォーマーシリーズ

乗り物×ロボットのSF超大作

乗り物から人型のロボットに変形する知的生命体トランスフォーマーが、故郷を追われ、地球に流れ着いたところからストーリーが始まります。
宇宙規模の壮大なストーリーと、トランスフォーマー同士の迫力あるアクションが魅力の映画です。
元々は、日本の玩具メーカーのタカラトミーの商品の一つだったものがアメリカでヒットし、映画化にいたりました。その後、日本に逆輸入された珍しい経緯の作品となっています。
様々な乗り物のタイプで、性格も個性豊かなトランスフォーマーたちがたくさん登場するので、推しの1体が見つかるかもしれません。

こんな方におすすめ!
  • アクションのあるSF映画が見たい
  • 乗り物を使ったアクション映画が見たい
  • 壮大なストーリーを楽しみたい

X-MENシリーズ

マーベル発!特殊能力に目覚めた新人類のストーリー

「X-MEN」はアベンジャーズシリーズと同じマーベルコミック発のヒーローアクション映画です。
特殊能力に目覚めた新人類同士が、思想の違いから敵対し、かつての仲間たちと争い合う、というのが大筋となっています。登場人物それぞれに物語があり、単純な勧善懲悪作品ではなく、アベンジャーズシリーズよりもダークな雰囲気が特徴の作品です。
公開順と時系列が一致していないので、分かりにくい部分もありますが、基本的には公開順に辿っていけば理解できるようになっています。シリーズ序盤で登場した人気キャラクターの過去編を題材にしている作品もあるので、短い期間で一気見すると新たな発見があるかもしれません。

こんな方におすすめ!
  • 特殊能力で戦う作品が見たい
  • 重厚感のあるストーリーを楽しみたい
  • シリーズを一通り見たけど、もう一度見返したい

バイオハザードシリーズ

日本の大人気ホラーゲームを実写化

「バイオハザード」シリーズは日本のゲームメーカーであるカプコンのゲームソフトを原作としたアクションホラー映画です。
主演を務めたミラ・ジョヴォヴィッチは運動能力が非常に高く、スタントなしで激しいアクションを演じています。
本作は死角からゾンビが急に現れる、いわゆるゾンビ映画にあたります。そのため、ホラー映画が苦手な方は避けてしまうかと思います。しかし、ストーリーの概要を知ればアクション作品としても、ミステリー作品としても興味が湧いてくるはずです。
大筋は、ウィルスが蔓延し、荒廃してしまった世界で、暗躍する巨大企業に立ち向かう女性とその仲間たちの闘いの記録です。ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる主人公「アリス」の秘密がシリーズを通して徐々に明らかになってくるのですが、2016年に公開されたシリーズ6作目でついに完結し、10年以上に渡る伏線がようやく回収されました。
アクション映画としても、シリーズを追うごとに演出が派手になってくるので見ごたえ十分な作品です。
2021年3月に公開予定の「モンスターハンター」もミラ・ジョヴォヴィッチが主演を務めるゲームが原作のアクション映画ですので、そちらも要注目です。

こんな方におすすめ!
  • ミステリー作品が好き
  • 荒廃した世界が舞台の映画が好き
  • かっこいいアクションが見たい

ナルニア国物語シリーズ

世界中で人気のファンタジー文学

「ナルニア国物語」はアメリカの児童文学を原作としているファンタジー映画です。
原作7部作すべての映画化が計画されており、現在は3部まで公開されている人気シリーズとなっています。
ハリーポッターとロードオブザリングを混ぜたような世界観で、さまざまな種族や空想上の動物たちが登場し、ファンタジー小説や異世界マンガなんかが好きな方には特におすすめの作品といえます。
あらすじは、田舎に疎開してきた4人兄弟が、クローゼットと繋がった異世界「ナルニア国」に迷い込み、世界を支配する白い魔女を倒すために戦う物語となっています。
兄弟それぞれに役割があり、見せ場があるので、神秘的な世界観と厚みのあるストーリーが本作の魅力です。

こんな方におすすめ!
  • ファンタジーな世界観が好き
  • ファンタジーな種族が登場する映画が見たい
  • 国と国が争う規模の戦いが観たい

ターミネーターシリーズ

一度は聞いたことのあるタイトルと劇中曲

「ターミネーター」シリーズは、主演を務めたアーノルド・シュワルツェネッガーの代表作です。
シリーズ第1作は1985年に公開され、34年の時を経て、2019年に最新作が公開されました。
時を超えて未来からやってくるターミネーターを演じたアーノルド・シュワルツェネッガーですが、本当に時を超えてきたことで一時話題となりました。34年経っても同じキャストで映画を製作できるなんて、とんでもないです。
人類存亡をかけた機械と人間の戦争が始まった未来。そこから英雄候補を殺害するための刺客が送り込まれ、その刺客との戦いが描かれています。
英雄を守る側のアンドロイドとして、アーノルド・シュワルツェネッガーがやってきて、名言「I’ll be back」が生まれます。
このシーンは、何年も語り継がれる名場面なのでまだ観ていない方はラッキーだと思って、一気見してみてください。

こんな方におすすめ!
  • 時空を超えたSF作品が好き
  • 機械と人間の争い的な展開が好き
  • 知っていたけど、昔の映画の為手を出すのをためらっていた人

ジュラシックパークシリーズ

あの有名監督が手掛けた恐竜パニックアクション

「ジュラシックパーク」シリーズはスティーブン・スピルバーグ監督が指揮を執った恐竜復活がテーマのSF映画です。恐竜映画というジャンルがそもそも少ないこともありますが、恐竜の登場する映画ではもっとも有名で、その生態についても科学的根拠に基づいており、妥協を許さない作品となっています。
とある島に開発した恐竜がテーマの一大テーマパーク「ジュラシックパーク」が舞台となっており、スケールの大きさと納得感のあるSF作風はスティーブン・スピルバーグ監督ならではといったところです。

こんな方におすすめ!
  • 有名SF作品をコンプリートしたい
  • スティーブン・スピルバーグ監督作品が好き
  • 実は恐竜が好き

メイズ・ランナーシリーズ

走る、生きるために

封鎖された土地で共同生活を送る少年少女たち。彼らのやるべきことはただ一つ。
それは、迷宮を攻略すること。
なぜ彼らは集められ、迷宮に閉じ込められているのか。
その答えがシリーズを通して明らかになってきます。
原作はアメリカの大人気小説で、十代の少年少女たちの生への渇望や、仲間との別れなどが描かれています。
頼りになる仲間がいる一方で裏切り者が潜んでいたりするので、人狼ゲームのような面白さもあります。
全3部作で完結しているので、ぜひ鑑賞してみてはいかがでしょうか。

こんな方におすすめ!
  • ミステリーな雰囲気の作品が観たい
  • サバイバル感のある映画が観たい
  • 仲間と助け合うシーンが熱い作品が見たい

ハンガーゲームシリーズ

独特な世界観を持つアメリカ小説が原作の人気シリーズ

独裁国家パネムの支配層が反乱抑止のために行う娯楽である「ハンガーゲーム」。
各地域から12歳~18歳までの男女1名ずつが選出され、男女24人が殺し合うサバイバルゲームが舞台の映画になっています。
主人公は12歳の妹の代わりに出場することとなったカットニスという名の少女。演じるは2012年に「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー賞主演女優賞を獲得したジェニファー・ローレンス。
独裁国家の娯楽で催される殺し合いがメインということもあり、なかなかハードな内容ではありますが、その独特な世界観と原作小説のストーリーの秀逸さが見ごたえ抜群の作品となっています。

こんな方におすすめ!
  • 退廃的な世界観の作品が好き
  • 独裁国家に立ち向かうといった響きが好き
  • サバイバルゲームの結末が気になる

キングスマンシリーズ

英国紳士の華麗なるスパイアクション

スコットランド出身の脚本家マーク・ミラーが手掛けるコミックが原作で、同氏は他にも「キックアス」やDCコミックの「フラッシュ」、またマーベル作品では「シビルウォー」なんかも制作しています。
キングスマンは英国が舞台のスパイ映画で、おしゃれなスーツに革靴、テーラーなどが登場します。
それら英国紳士の嗜みとコミック出身のユーモアが合わさり、唯一無二の世界観を作り出しています。
おしゃれなアクションの中にどこかクスッと笑えるようなシーンが散りばめられているので、洋画にしては珍しく冒頭からも楽しめる作品になっています。

こんな方におすすめ!
  • おしゃれなアクションが観たい
  • コメディ要素もある映画が観たい
  • スパイ映画が好き

トワイライトシリーズ

ヴァンパイアとの禁断の恋を描く大人気ラブストーリー

「トワイライト」シリーズは全5作の恋愛映画です。
キャッチコピーは「人間とヴァンパイアの禁断のファースト・ラブ」「すべてを奪われたい」「世界中がハマった究極の純愛映画」となっており、クリステン・スチュワート演じる女子大生ベラと、ロバート・パティンソン演じるヴァンパイア、エドワードの禁断の恋が描かれています。
惹かれ合う二人が幾多の困難を乗り越えたその先に待ち受ける未来とは。
ヴァンパイアとの恋愛という奇抜なテーマながらも、
愛することの真意が問われる、まっとうな純愛映画に仕上がっています。

こんな方におすすめ!
  • キュンと来る恋愛映画が観たい
  • チープなラブコメでは満足できない
  • 家族の絆が描かれる作品を観たい